チャトレとアフィリエイトの蜜月関係

チャットレディだからできるアフィリエイトの副業、真剣に考えてみませんか

*

英語チャット2時間、疲れた

   

WHOIS情報と登録メールアドレス

今、私は国内、海外レンタルサーバーを各3箇所ずつ借りているんですが、そのうちの1箇所の海外サーバーのサイトがいきなり表示できなくなったんです。
遡ってメールの履歴を見たら、そのサーバーからWHOIS情報と登録メールアドレスが異なっているから統一するようにとの指示が来ていたんです。



WHOIS情報の設定はドメイン側でおこないます。
サーバーのトラブルについてはこちらのサイトもご参照くださいませ。→「アフィリエイト七転び八起き」

それで慌ててドメイン側のWHOIS情報の設定でメールアドレスを変更したんですが、サイトは表示される気配がないんです。
こんな時、国内サーバーでしたら復旧が比較的早いんです。
メールで問い合わせても埒があかないと思ったので、チャットサポートをお願いしてみたんです。
私もチャレンジャーですね。

手早く問題を解決したかったのでチャットサポートを使ってみました

チャットはどうやら音声チャットも可能みたいですが、私の発音では絶対に通用しないだろうと思ってテキストチャットを選択。

私、これでも海外ライブチャットの「Sakura Live」でチャットモデルをしていたこともあるので、英語のチャットはまったくできないわけでもないんです。
普通にテキストチャットだったら1時間くらいはできるはずなんです。
と、思い込んでいたんですが、精子脳の冷やかし客とのエロ会話と、レンタルサーバーのトラブルでは話す英語の内容もまったく違ってて、相手が何を言っているかまったく分からない(T_T)

英語チャット

あなたが言っていることはまったく理解できません、私は何をしたらいいですか?と、混乱する私に、チャットのスタッフは、Don’t worry.I’ll tell your way.みたいな感じでわりと友好的なんです。

2時間の英語チャットで私の頭はスッカラカン

30分もあれば問題は解決するんだろうと思っていたんですが、新規でサイトをひとつ作るように指示され、表示ができないと私が泣きを入れるとキャッシュのクリアを指示されて、それでもできないでいるとプロキシー経由でサイトを表示させる方法を指示されて、この頃になると私も英語のやり取りとうまく行っていない現状に疲れ果ててクタクタなんです。

時間を見たら、チャットを始めて2時間も経っています。
それで最終的に言われたのが、サイトが働き出すまでしばらく待ってください。って、だったら最初にそれを言ってくれたらいいのに。
それで1日半待ったら本当にサイトが表示されたからいいんですけれど、英語のチャットはとても疲れると言うことを学習しました。



メインサーバーでしたらアダルトOKの「フレンドサーバー」がお勧めです。
ここのサポートは日本語です。

(Visited 22 times, 1 visits today)

 - 雑記