チャトレとアフィリエイトの蜜月関係

チャットレディだからできるアフィリエイトの副業、真剣に考えてみませんか

*

ブログ記事の書き方注意点

      2017/12/04

アフィリエイト用記事を書くコツ

アフィリエイト用のブログの記事を書く場合はある程度SEO対策も頭に入れて置いた方がいいでしょう。
そんなにむずかしいことではないんですが、「趣味で好きなことを書いてたブログ」とは意味合いが違います。

まず、基本中の基本なんですが、改行は必ず文末の「。」でおこなうことです。
これが「、」で改行を繰り返されると、検索エンジンが正しい文節と認識してくれないのでサイトの評価をしてくれなくなります。
つまり、いつまで経っても検索上位に上がれないと言うことです。

時々改行ごとに空行のある文章を書く方もいらっしゃいますが、これも検索エンジンが正しく認識してくれませんし、得てしてその手の書き手の方の内容ってポエマーになりがちなんです。
いいんですよ、趣味で書いているブログでしたらどんなに長いポエムを書こうがどうしようが。

けど、今の検索エンジンはザクッと内容の精索までしますから、読書にとって有益な情報のある記事から検索上位へ持って行きます。
と言うことはポエム系の記事は客観的に見て誰得でしょう。
読者よりも書き手ですね。
ですから検索上位には上がれないんです。

記事は常時起承転結を意識すること

チャトレ アフィリエイト

あと、記事を書く時には必ず起承転結を意識すること。
ダラダラと薄い内容をさらに薄めて書き連ねても最後まで読んでもらえるでしょうか。
ある程度のメリハリとまとめ、これが記事には必要です。

誤字脱字やてにをはの間違えなんて些末なことで検索上位が上下することはありません。
記事の内容がいかに読者にとって有益であるかを考えている記事が自然と検索上位に上がって行くでしょう。

そうなって来ると記事のボリュームもある程度考えなくてはいけません。
1記事辺りの文字数は最低で700文字、長くて3000文字くらいが適当でしょう。
このくらいのボリュームの文章をサクッと書けない人は、そもそもアフィリエイトに手を出しちゃいけないんです。
(この記事のここまでの文字数で770文字です)

ある程度のボリュームのある記事を書きましょう

私の場合は、一気に書き上げてしまいたいので1000文字平均で1記事としています。
短めなので敢えて目次などは設けていませんが3000文字クラスになると見出しや目次があった方が読者に親切ですね。
目次を作るプラグインはワードプレスにもあります。

あとは、文末を「らしいです。」「思います。」と言ったあやふやな終わり方を続けると読者は記事そのものに不信感を持つので書く意味がありません。
きちんと納得が行くまで調べてから、「これはこうです。」と説明できるまで頑張りましょう。



クラウドソーシング(ネット内職)にはたくさんの在宅ライターの求人案件があります。
ライティングのスキルを上げるために少し在宅ライターをなさってみてもいいでしょう。

(Visited 12 times, 1 visits today)

 - サイト作成